1. ホーム
  2. よくあるご質問
よくあるご質問

スウィーニーに寄せられたよくあるご質問とその回答を集めたFAQページです。

カウンセリングに関するご質問
メンタルヘルス・EAPに関するご質問

カウンセリングに関するご質問

  1. そもそも「カウンセリング」って何ですか?
  2. どんな時に、どんな人がカウンセリングを受けるんですか?
  3. カウンセリングは、どれくらいの時間(回数・期間)受けるんですか?
  4. どんな相談にのってくれるんですか?
  5. 本人以外のことでも相談にのってくれますか?
  6. グループでカウンセリングを受けることってできますか?
  7. メール・電話でのカウンセリングって行っていますか?
  8. 健康保険・社会保険(医療保険)は使えますか?
  9. キャンセル料はかかりますか?

▲ ページの先頭へ戻る1. そもそも「カウンセリング」って何ですか?

こころの専門家(カウンセラー、セラピスト)が、何らかの心理的な問題を抱えている方から相談を受け、言語的手段を用いて適切な援助を与えることです。日常の不安や深刻な悩み…、ひとりで悩まないでご相談ください。

▲ ページの先頭へ戻る2. どんな時に、どんな人がカウンセリングを受けるんですか?

生活に支障が出た人に悩みを打ち明けることが困難な状況こころの問題が大きくなってしまったら、早めに専門家のカウンセリングを受けることをお勧めします。やる気が出ないなんとなくストレスを感じるといったちょっとした悩みでもカウンセリングを受けることができます。また、特に問題がなくても自己理解を深めることを目指すためにカウンセリングを受けることもできます。問題解決策予防対策ステップアップとしてカウンセリングを受けることができます。いつでもお気軽にご相談ください。

▲ ページの先頭へ戻る3. カウンセリングは、どれくらいの時間(回数・期間)受けるんですか?

カウンセリングの効果がでるまでに要する時間(回数・期間)効果の出方はさまざまです。ご利用の方の状況やご要望にあわせ、継続的なカウンセリングの必要性について話し合いながら決めていきます。

▲ ページの先頭へ戻る4. どんな相談にのってくれるのですか?

個人の問題(ストレス・情緒不安・自分の性格・将来の展望)、社会・職業生活の問題(職場・地域社会・コミュニティとの係わり、就職・転職・経営)、恋愛関係の問題(失恋・依存・性)、夫婦生活の問題(離婚・浮気・不倫)、家庭生活の問題(育児の問題・思春期の子どもの悩み・介護の問題・グリーフケア・ペットロスケア)などあらゆるこころの問題において、ぜひご相談ください。

▲ ページの先頭へ戻る5. 本人以外のことでも相談にのってくれますか?

新しい恋人のこと、夫婦喧嘩、子どもの不登校…、必ずしもご本人に来ていただかなくても効果が得られます。未成年者の方のご依頼は、保護者の方の同意の下、ご相談を受け付けします。

▲ ページの先頭へ戻る6. グループでカウンセリングを受けることってできますか?

同時に受けることも、個別に受けることも可能で、それぞれ効果を得ることができます。原則的に、時間により利用料金を設定していますので、グループ(集団)でカウンセリングを受ける場合もパーソナル(個人)でカウンセリングを受ける場合と利用料金は変わりません。

▲ ページの先頭へ戻る7. メール・電話でのカウンセリングって行っていますか?

お電話・メールでのカウンセリングは行っておりません。スウィーニーのカウンセリングは、すべて通常の形式「対面カウンセリング」になります。カウンセリングは、専用の施設にて、セラピストとご利用の方だけで行います。また、外出が困難な方には、ご指定の場所への訪問によるカウンセリングのご利用が可能です。お申し込みの際にご相談ください。

▲ ページの先頭へ戻る8. 健康保険・社会保険(医療保険)は使えますか?

医療機関ではありません(病気の診断・診察・投薬などの医療行為は行っていません)
健康保険・社会保険(医療保険)の適用外となります。

▲ ページの先頭へ戻る9. キャンセル料はかかりますか?

予約日当日の変更・キャンセルであっても、特に料金の設定は行っていません。変更・キャンセルの場合は、なるべく予約日3日前の午前中までにご連絡ください。カウンセリング(完全予約制)は、希望日の一週間前(午後7まで)からご予約・お申し込み可能です。

メンタルヘルス・EAPに関するご質問

  1. そもそも「メンタルヘルス対策」とは何ですか?
  2. メンタルヘルス対策は、何にどう取り組めばよいでしょうか?
  3. メンタルヘルス対策における「4つのケア」とは何ですか?
  4. そもそも「EAP(従業員支援プログラム)」とは何ですか?
  5. どんな時にEAP(従業員支援プログラム)導入するのですか?

▲ ページの先頭へ戻る1. そもそもメンタルヘルス対策とは何ですか?

こころの健康(メンタルヘルス)対策」は、企業・学校など社内(経営幹部・一般社員)・校内(職員・学生)仕事(勉強)のストレス・人間関係などの状況・状態を把握し、休職・退職(休学・退学)に至ることのないよう不調を早期発見し、未然に防ぐことで、個人と組織の活性化を目指すことです。

▲ ページの先頭へ戻る2. メンタルヘルス対策は、何にどう取り組めばよいでしょうか?

まず何よりも、職場環境(作業環境・労働時間・仕事の質量・人間関係・コミュニケーションなど)をよく把握することが重要です。そこにどんな問題点や、課題があるのかを整理することからメンタルヘルス対策は始まります。一人ひとりがメンタルヘルスについて基本的な理解を深め、適切なメンタルヘルスに取り組むことできるよう、教育研修からはじめてみることをお勧めします。人材開発・人材育成に関する研修活動講演会・セミナーを行っていますので、ぜひご相談ください。

▲ ページの先頭へ戻る3. メンタルヘルス対策における「4つのケア」とは何ですか?

  • セルフケア - 従業員一人ひとり自らこころとからだのケアを行なう
  • ラインによるケア - 管理職・人事労務管理者が部下のケアを行なう
  • 事業場内産業保健スタッフなどによるケア - 事業場内担当者がケアを行なう
  • 事業場外資源によるケア - 外部専門機関がケアを行なう

それぞれで行なうべきメンタルヘルス対策質の向上多様性が、ますます求められています。

▲ ページの先頭へ戻る4. そもそも「EAP(従業員支援プログラム)」とは何ですか?

英語における「Employee Assistance Program(エンプロイー・アシスタンス・プログラム)」略して「EAP」は、メンタル面から従業員を支援するプログラム従業員支援プログラム」のことです。「メンタルヘルス対策」としての予防対策にとどまらず、従業員やそのご家族のさまざまな問題や悩み・不安に対するカウンセリングを請け負い、一人ひとりの勤労意欲・作業能率向上と組織全体の活性化などを目的に総合的な支援を行うプログラムです。

▲ ページの先頭へ戻る5. どんな時にEAP(従業員支援プログラム)を導入するのですか?

メンタルヘルスの専門知識に乏しい産業医・産業保健スタッフが、健診など医療分野の要求などにより余裕がなく、事業場内メンタルヘルス対策実務担当者との連携がうまく取れていないという状況下においては、メンタルヘルスに精通した専門分野のEAPアウトソーシング事業の導入を検討する必要があります。

  • よくあるご質問
  • よくあるご質問とその回答
080-3604-6853 受付時間10:00-20:00 朝10時〜夜8時 土・日・祝日も営業!! ひとりで悩まないで!!まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。
▲ ページの先頭へ戻る