1. ホーム
  2. メンタルヘルス対策について
メンタルヘルス対策について

皆さまのこころの健康管理のお手伝いをします。

日本の社会・経済情勢は、長期不況に伴う雇用情勢(解雇・労働条件の引き下げ)をはじめとして、人権侵害(いじめ・嫌がらせ)など労働環境が大きく変わり、いっそう厳しさを増しています。これまで、日本で主に用いられてきた「職能主義」によるシステム(年功序列・終身雇用・企業別労働組合)が崩壊し、欧米で主に用いられてきた「成果主義」によるシステムの導入を推進する企業が増えました。長時間労働(残業・自宅作業)など個人にかかる負担・責任が大きくなり、うつ病・自殺・過労死などを生み出す危険性がある一方、低評価解雇に直結しやすいことで、絶望的な状況に陥る可能性があります。組織の建て直しによる不採算事業や部署の縮小に伴う従業員削減(整理解雇)が行われ、安易に人材が流動することが急増しました。また、「Power Harassment(パワー・ハラスメント):権力を悪用した嫌がらせ」、「Sexual Harassment(セクシュアル・ハラスメント):性的嫌がらせ」といった深刻な問題や「Compliance(コンプライアンス):要求・命令などに応じる・従うこと」の行き過ぎた横行が組織への貢献という視点を見失わせているかのもしれません。こういった従業員管理にまつわるトラブルが表面化すると「成果主義」の失敗が明るみになり、見直し・調整の動きを進めている状況です。

より良い環境づくりを目指して

最大限メンタルケアサポートします。

Image Picture

人々の心理的負担はより重くなり、人間関係の問題もより深刻なものとなり、従業員管理はより困難なものとなりました。その対応は、ごく少数の問題を抱えた個人だけではなく、組織全体に向けていく必要があります。これらのリスクを低減しトラブルを未然に防ぐために重要なのが「こころの健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)」です。さらに「こころの健康(メンタルヘルス)対策」の質の向上多様性がますます求められています。社内(経営幹部・一般社員)・校内(職員・学生)の仕事(勉強)のストレス・人間関係などの状況・状態を把握し、休職・退職(休学・退学)に至ることのないよう不調を早期発見し、未然に防ぐことが重要です。

スウィーニーでは、そのような動きに応じた予防対策個人と組織の活性化を支援する効果的なプログラムをご用意しております。

  • 法人・団体・学校の方へ
  • メンタルヘルス対策について
  • こころの健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)
  • こころの健康づくり(研修活動&講演・セミナー)
080-3604-6853 受付時間10:00-20:00 朝10時〜夜8時 土・日・祝日も営業!! ひとりで悩まないで!!まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。
▲ ページの先頭へ戻る